広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2006年06月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大自然を奏でるピアニスト、重松壮一郎の響き 

「大自然だったねー。」
と、妹を送る帰り道、アルバムを聴きながらまたポツリ。
足踏みが気持ちのよい床張りで伝わってくる一番前の特等席で、
一つ一つの音が生まれる風景を味わった。

コンサートの帰り道、車の中でsosoのアルバムを聴きながらまたポツリ。

「アルバムの中の音も、一つ一つの命が光ってるね」。
これは、sosoがピアノに触れる姿を目の前で見てきたから、イメージできるのかもしれない。


6月13日、竹田市大字戸上の茶房椛(もみじ)で、sosoこと、重松壮一郎さんのピアノコンサートが開かれた。木のぬくもりのログハウスの2階で、sosoは弾いた。主催は、スローフードとアートをコーディネートする堀田貴子さん。いつものように、彼女のおいしいおやつ付き。

私から、sosoへ宛てた今日のコンサートの感想。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。