広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2006年02月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブ・アメリカンと走る SACRED RUN =地球と遊ぶ、祈る "Pray and Play"= 

砂と空の上
左手に握り締めたパイプがリズムになった

何十マイルも続くくるみ畑の中で
楽しさのあまり 翼が生えた

砂漠に浮かぶ星空の中を
大声をあげながら
走った、かけた、かけぬけた
ジョー あなたの笑い声


毎朝ひとつの輪を囲み
同じ朝日の笑顔を迎える仲間達

ただ一心に 平和を願う者の
強さ 尊さ 清らかさ
ジュンさん、あなたを思い出してまた泣いている


「あなたは強い、あなたは守られている、あなたは美しい」
ウーンディッド・ニー長老の言葉に
大地を踏みしめる私の2本の足は
疲れても、痣ができても、歩みをやめなかった
10マイル
いやもっとできる 私なら。
あと5マイル

歩み疲れたら 色を見なさい
赤、黄、黒、白
あなたには見えたか?
4つの幸せ
巡る季節 春夏秋冬
すすむ道 東西南北
ひと 生まれ 育ち 教え 知恵を持つ



「寒くなかった?よく眠れたかい?」
「今日のRUNはどうだった?」
互いの幸せを祈る
朝晩の抱擁
ふれあうごとに、抱きしめるたびに強くなれた
あなたの手と 私の手
私を包んでくれた あなたの大きな腕
肩をさすってくれた あなたの手

太陽よ
どんな朝の笑顔を
どんな夕方の笑みを 
今日はみせてくれますか
この太陽を
誰と どんな言葉で
   どんな風に見送るか
シンプルでもっともかけがえのない
ゴージャスな瞬間


僕の長い髪は 草だ
長いほどに賢くなれる

僕の汗は 雨だ
流れるごとに 大地は清められる

1日として同じ形がない
月は 私達のおばあちゃんだ
変化するごとに 美しい
その昔、
女性の血は 月の満ち欠けと同じように流れたんだよ

ナタサン
守ってくれてありがとう



私達を生み、育んでくれる
母なる大地よ

裸足になって寝転んだら
地球に吸い込まれた
あなたは今 病んでいますか
あなたは今 悲しんでいますか
あなたのために できることは何ですか



私達の子孫の7代先を見て 物事を決めよ
デニス首長は
地球を祈る私達のリーダーだ

あなたは 自分の唄をもっているか?
民族の血と誇りをかけた賢者の走り
SACRED RUN

輪になって 和になって 環になって
太鼓を囲む
それは胎児のリズム
男達は母の鼓動を思い出すんだ



南には愛を
東には知恵を
北にはリーダーシップを
西には先祖を
拝みなさい

すべての動物は私達の先生だ
偉大なるジョン、私の父よ
語りかけられるたびに 魂が清らかになった



西と東の思想は
いつも私の中で 相反するものだった
ネイティブ・アメリカンの言葉は
地球を1つにした
人や、動物や、自然に対する
’尊敬”という言葉

私達のおじいちゃんやおばあちゃんが語ってきた
万物に宿るものの魂は
ネイティブ・ピープルの 自然崇拝の心と つながった



DEEP WATER
SPRING WATER
水のように生きなさい
導かれるままに 生きていきます


私は 生きているのではなく
分けられた命の中で
生かされている
私がこの命の流れを受け継ぎ
地球の一部となれますように



今日ここからはじまる
新しい 歩みと つながり
そして出会いに 感謝

アルカトラズ島にはじまり
コロラド・リバーを越えて アリゾナに入った
6日間の軌跡

愛する私の家族よ 愛しい仲間達へ
あなたの旅路が聖なる力に 守られますように

▽SACRED RUN 公式HP(Enlgish)
http://www.sacredrun.org/Blog/reflections.html
私が参加した6日間の写真も公開中

スポンサーサイト

再会 Life in El Cerrito 

2月7日午前0時半。
L.A.での太陽の思い出をたくさん詰め込んで、ついに6年越しの夢叶い、ベイエリアにやってきました。
「もっと早く戻ってくるかと思ったよ。」
と長い腕で抱きしめてくれたToddさん。関西弁のミサさんも昔と変わらぬ笑顔で迎えて下さいました。

2月6日、朝10時のアムトラックでL.A.郊外のVAN NYUSを出て、エメリービル(Emerryville)に着いたのは午後11時半。車なら5,6時間で着くところですが、サンタバーバラからの海岸沿いの風景は絶景!長い長い旅でしたが、色んな出会いとお喋りを楽しみました。
北京大学の先生、サンフランシスコ在住の新聞記者、アムステルダムの航空管制官、銀座とベイエリアを往復する貿易会社のオーナー、L.A.のバス会社のメカニック、軍で働く警察官、フロリダから1週間かけてサンフランシスコまで行くおじいちゃまなど。飛行機で飛べばほんの1時間ですが、もし時間があって、ベイエリアからL.A.を旅するならば、絶対にアムトラック(Amtrak)がお勧めです。


Toddさんとの出会いは1999年初夏。What a Surprise!はこの家庭の物語。
今回は幸運なことに、私と同時期に、京都からのVIPゲスト、原まりさんが滞在しています。彼女はUCバークレーで仏教学を専攻、現在は京都大学農学部で化学英語を教えながら、美術翻訳家として活動中。
彼女のこの黒真珠のような輝きは何だろう…と思っていたら、ハワイのお寺の出身で、京都の裏千家で1年修行をし、大徳寺で1年半リサーチをするために住み込んだこともあるのだとか。彼女の魅力とエネルギー、そして笑い声も無限大です。

まりさんの紹介で、Bikram yoga college of Indiaに通い始めて今日で3日目。ホットヨガとも呼ばれていますが、家から徒歩13分、1回10$のレッスンが、初回に限り30日間29$というラッキー価格。最高のデトックスで、このままインストラクターになってしまいたい気分。

農業大国カリフォルニアの美味しさは底知れません。
Toddさんの手料理に弾む、新鮮な新鮮な野菜達、果物、ナッツ、ワイン…。野菜グルメ生活を満喫中です。

    嬉しい!楽しい!最高!幸せ!ついてる、ついてる!

体調もばっちりなので、今の気分は、まさにこの5言です。

人に元気をあげるだけではなく、色んな知識や技術を小出ししながら、食・運動・癒しのカウンセリングができるようになれば、と思います。

というわけで、今夜はダウンタウンにSACRED RUN前夜の音楽祭に。
明日早朝アルカトラズ島で、ネイティブ・アメリカンの結集会。サクラメントから南下し、APPLEVALEY辺りまで、タイからきたちゃりさん達と歩いてきます。

ツアー中の緊急連絡先は510-326-3716まで。来週半ばにはエルセリート(Toddさん宅)に戻る予定です。

皆様、たくさんのコメント、そして幸せをありがとう。
おひとりお一人、またゆっくりとお返事させて頂きます。
この幸せをありがとう。
この貴重な人生の瞬間をありがとう。
みんな、みんな、ありがとう。
日本でのお味噌作りの仲間達、今年も美味しい音を奏でてね!

See you in next weekend!

Happy Heidi

Los Angeles Times 

1月26日、グリーンのオーロラを東に見ながら、アンカレッジからアリゾナ、サンノゼまで飛行機で。サンノゼに向かう飛行機の中で隣り合わせになったのは、日立maxellの藤原さん。独身時代から”ぬか床”を持っていたとかで、話が盛り上がりました。

サンノゼからは何十キロも続くナッツの畑を見ながらL.A.へ。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。