広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2005年12月

和 輪 環 


地球は
 
 和 輪 環

 和は プラス+ だね。

   マイナス- は 差 だね。

愛に気づいた人間は

       人との 差 じゃなくて

       人との 和 を生み出せる。

プラスの波動で

  世界中の人に 還元 できる と思う。

ファイヤーウィード

△8月のファイヤーウィード

トムの山小屋 =家を遊ぼう、スローホームとデザイン= 

青い山も歌ってルルル♪
Blue Season from East Hill

今日は、きこりに会いに行くよ。
わぁ~、ファイヤーウィードがきれいだね。小鳥もチュンチュン
FireWeeds
鳥のさえずりが、聞こえるよ!


深い深い、森の中。きこりの家発見!
Cabin de Tom Woods


2階がベランダで、
2階のベランダの下


ここがダイニング・ルーム。
dwarf garden table

トムも小さくなったもんだ・・・。

そしてこちらが玄関でございます。
Entrance歓待

"ギ~ッ"                  歓待されました。

台所の有香に丸太
Woods Kitchen Floor

じゃなかった、床にスプルースとビーチで拾った石が埋め込んである。

見晴らしのよい椅子と机ですが、
Tall chair and desk for のっぽさん

この脚長ノッポ椅子には、とても座れません。なにせ足さえ届きませんの!

世界に一つ、シンプル・キッチン。
KitchenSimple Woods Kitchen

枝を重ねたキャビネットのデザインが素敵。電球の周りには小鳥が啄ばむような小枝が並んでいて、手元を照らす光の影が小さな森だよ。水道はないけど、皿洗いはオッケー。

階段を上がって二階へ上がると
Log Bed

和室を思い出す、お抹茶色の壁。掛け軸「一期一会」、ざる、桜の樹皮で作った電気のスイッチ・カバー。う~ん、素朴で渋い、山小屋と和の融合はお見事です。

「しかしこのベット。重たそう。絶対引越しは無理だね。一体誰がこれを2階まで持ち運んだのでしょう?」

続きを読む

アラスカの風呂、サ・ウ・ナ =森のシャワ~で爽快に= 

日中気温は4度。
クリスマス明けの、体の大掃除。高台の小学校までスキーに行くが、楽しめたのはソリの方。道路は氷でツルンツルン。犬以外は走れませんが、滑れます。モルガンとハープのレッスンをして、ついでにXmasプレゼントのジグソーパズルもして、だらだら過ごした。


▼こんな日には、サウナかな。
アラスカには、まだまだ水道のない小屋暮らしを楽しんでいる人も珍しくない。20年前、ケリー家(Zen and Jenny family)が建った当初も水道が引かれていなかった。シャワーや浴槽が家にない人達にとって、サウナは日本人にとっての風呂にあたる。サウナの効用は、発汗作用で代謝を促す健康的な面だけではなく、1日の疲れを癒すこと、あるいは家族とのふれあいもサウナには欠かせない役割。女友達、リアンと仲良くなったのも、このサウナが切っ掛け。

sauna

△トム(Tom Reed)のサウナ・ハウス。左の窓から出ているホースが200m下の泉までのびている。シャワーは、この泉の水を引いている。右側の屋根部が広々サウナ。左側は脱衣所とシャワー。森のシャワーとは、まさにこのサウナ!(2005.7.15撮影)

涼しい夏の夕暮れ、サウナの後に泉でシャワーを浴びたり、真冬の雪の中にそのままジャンプしたり・・・。ここでは一般的に、混浴。サウナ室には大きいタオルを持って入る。これは隠すためではなく、汗がサウナ室の床や椅子の部分に垂れないように敷くためのもの。ドイツでも同じ様子。最初はとても抵抗があったのだが、慣れてしまえばこちらのもの。(でも慣れない!)中に入ると白樺のよい香りがする。
sauna room

△サウナの室内は蝋燭の灯。白夜の間は、太陽の光で十分。

続きを読む

「吾唯足知(われただたるをしる)」 

12月26日、iwao fumiaki様から、とても意味深い問いかけをコメントに頂きました。

「足る、とは何か」

私なりに考えてみました。長くなったので新しくサブジェクトを立てました。

頂いたコメントの要約は以下の通りです。
 『今、私の両親は足腰が不自由です。その両親は毎日、「悔しい」と、繰り返しています。何故、悔しいのでしょう。あなたにも命があり、それを支える黒豚にも命がある。その黒豚はあなたに喰われようと思って、生きて来たのではありません。
 人間は食物連鎖の頂点にいます。私はここが悲しいんです。恥ずかしいんです。みじめなんです。しかし、それを食べなければ生きて行けないんです。本当に悲しいことだけれど人様の命を頂いて、初めて我が命があるんです。
 今の栄養学はカロリ-の計算しかしません。食物の命の計算は、まず、しません。何故か。それは、これが近代科学ですから。
 これ、すべて不足の事、足るを知らないだけ。私の両親が悔しいのも、これ、足るを知らないだけ。では、足る、とは何でしょうか?皆さんの意見をお願いします。』

以下は、私なりの見解です。

続きを読む

Who's No. 1 in Self-Esteem? 

知人のブログで、自分を愛する気持ちについて、各国の感じ方がここまで違う、という内容の
記事があったので紹介します。

続きを読む

ロハスを目指す10のポイント 

マイミクさんの日記に、ロハスを目指す10のポイント(抜粋) というのがありました。
楽習・遊学は得意技です!


1:複雑より簡潔、声高より静か、変更より継続、大量より少量。

2:Time is money(時は金なり)を、Money is timeにひっくり返そう。

3:掛算・足算の生活より、割算・引算の暮らしを実践しよう。

4:学習・勉学より、楽習・遊学を大切にしよう。

5:使うためはもちろん、楽しむため、未来(環境)のためのデザインを尊重しよう。

6:テクノロジーは否定しない、浮いた時間を自分のために費やそう。

7:地球を守るのではなく、尊敬しよう。

8:Boyslife(少年.少女時代)を忘れないようにしよう。

9:目的のための一本道・近道より、寄り道・回り道を楽しもう。

10:ビル・ゲイツよりフーテンの寅さんの生き方を目指そう。

「present」に生きる =クリスマスの朝= 

Present・・・「今・今・今」に生き、
Present・・・自分らしい「表現」で、
Present・・・「贈り物」を渡す生き方。


クリスマスの朝 in Homer


▼待ちに待ったクリスマス、のはずなのに今日は朝からショッキングなことばかりだった。

体感温度0度、雪道を歩いて500m離れたケリー家を訪ねる。
これでもか、これでもか、と次から次へとモルガン(8)とマヤ(3)のプレゼントのリボンがほどかれる。プレゼントの包装紙を解くのに、かれこれ2時間!モルガンには、スキー板とスノーシューズ、可愛らしい洋服やドレス、山のような玩具、お人形セット、デジタルカメラ、図書券、お小遣い、本、油絵の具などの超豪華・アートセット等など。半端ではなかった。

幸福な時代。
2人っ子の時代。

この子達は恵まれている。そして、毎年お年玉をもらって育った私も恵まれていた。包装紙をはがしてはしゃぐ2人の姿を見ながら、私は何故かメキシコの友人を思い出していた。この半年、物のない、水のない、貧しい暮らしぶりを、毎日学校で聞かされてきた。ネパールや中国から米国に養女に来る、貧しい村の子供達の話を、昨日も聞いたばかり。日本だって、この満ち溢れる"モノ"の風景に、違いはない。

"Dady! Momy! I LOVE YOU!"

クリスマスは、親が子を喜ばせる大イベントだ。サンタは、昨夜も遅くまで働いたはず。待ちわびたこの日に向ける、人々の努力は大きい。アメリカのクリスマスは、スゴイ。11月のサンクス・ギビングから、このクリスマス、新年にかけて行われるたくさんのイベントや楽しいホーム・パーティー。大好き!

それなのに、それなのに。

続きを読む

Merry Christmas! 

 この聖なる夜をを、
 いかがお過ごしですか。

Christmas Tree With Presents


 こんばんは。 
 大好きな あなたと
 あなたとあなたとあなた!!!!!
 
 BLOGをはじめて 早3ヶ月
 いつの間にか ここにこんなに
 お友達が いっぱい!

 あなたの本当に あったかい
 こころ、ことば、笑顔、涙、はげまし、
 愛、光、安らぎ、楽しみ、わくわく
 すてきな交流を ありがとう!

 交流 ふれあい 流れまじわる
 みんなの 笑顔が 交わって
 きらきらきらきら 雪の踊り

 光の帯 オーロラ 
 グリーンの龍が 
 大地を翔け抜け 天を貫く

アンティークの飾り

△毎年一つずつ増える思い出の品々。80年前のアンティークの飾りもの

 ワクワクしながらショッピング
 クリスマス・プレゼントのラッピングも終わり、
 私を迎え温かく囲んで下さる
 ラインハート家の皆様に感謝しながら
 サンタさんを待っています。
 キッチンには、配達で大忙しのサンタに
 ミルクとクッキーを用意しました。

 連日、たくさんの友人からパーティーの招待を受けて
 サックス君も大活躍
 素晴らしい一時を楽しんでいます。

Beautiful Interior Shot w Bundt Cake


 ここで出会ったあなた、

 そして見えないけれどつながっている

 世界中の大好きなあなたへ

 メリークリスマス!

 今夜

 この歌を、あなたに捧げます。

サイレント・ナイト



くつした

△グランマ・リンダの手作り靴下、モルガンとマヤへ

Interview with God 

ある朝、こんな夢を見ました。

Sunrise 051223

△ベットルームから望むプーツピークの後光

Dreamed I had an Interview with God (English)
神様へのインタビュー(日本語)

冬至 =一年で最も日照時間の短い日= 

12月21日、1年で最も日照時間が短い日がきた。
久しぶりの雪で、庭のクリスマスツリーも、綿雪を被る。町では色んなところで、この冬至を祝うパーティー催されている。日本ではこの冬至をあまり身近に感じることがなかったのだが、アラスカ人にとって、太陽が出るか出ないかは大問題だ。

冬至 The Winter Solstice  12月21日 日照時間 3時間54分
春分 Spring Equinox      3月21日  〃   12時間00分
夏至 The Summer Solstice   6月21日  〃   21時間39分
秋分 Fall Equinox       9月21日  〃   12時間00分

1年で日照時間が長い6月21日まで、約6分/日ずつ延びていく。
1週間で32分日がのびる計算。

夜がくることなく1日中、日が沈まない白夜

続きを読む

季節を祝う職場のゆとり =中央病院でのクリスマス会= 

2週間ぶりの雪景色。
East Road 051222

△Snowed East Road
ラインハートに続く道

△今日の海は冬のエメラルド色。この緩やかな坂を下るとラインハート家がある。


▼今日は、チェリッシュ主催のキャロル、最後の日。
ホーマー市内で最も大きな中央総合病院で歌った。パーティーだけでなく、幾つかのナース・ステーションや、まるでホテルのようなロビーのような美しい面会室(リビングルーム)にも、鈴を鳴らしてねり歩く。
テーブルを飾るクリスマスリース

△社員食堂の各テーブルを飾るリース

続きを読む

青い山脈 Ⅱ =人生を豊かにする買い物= 

Bishop's Beach
△青い山脈 Bishop's Beach
▽赤い山脈 Bishop's Beach
Bishop's Beach Sunset


12月21日。2日続けての快晴。山の中腹から雪を被った青い山脈が西から東へと地平線を埋めている。なんという風景(写真をクリックすると大きくなります)。今日は、丘の上の大邸宅、小屋、ペンション、企業、クリニックなど6ケ所をキャロルで回ってきた。そう、この山と海に見とれながら。この4日間に、私達が駆け回って集める収益は500$程度の見込みだ。街のコミュニティに寄付され、福祉やカルチャー事業に充てられる。

▼学校が冬休みに入り、筆不精の私が、やっと思い腰をあげて、お世話になった人達に手紙を書いている。お世話になった人達のお名前を、一人ずつ思い出す。私が2番目に出会った”ブルーマウンテン”は、私のパソコンの師匠だ。名前は皆様のご想像の通り。

こんな異国の地で、

続きを読む

『ヘンデルとグレーテル』 =お菓子の家= 

「今日は、街のからクリスマス・キャロルが聞こえてくるね。」
Gingerbread Village

ハイジも朝から、西へ東へ、街の中をあちらこちらへ巡業で大忙しです。

「僕達の家にも来てくれるといいね。一緒に歌いたいなぁ」
しかし、貧しいペーター家では子供達も家業のほうき作りの手伝いをしないとクリスマスの七面鳥を買うことができません。2人は両親の留守中にもほうきを作っていましたが、飽きて遊んでいます。今日は久しぶりに壷の中にミルクがいっぱい入っているので、お腹をすかせた2人は夕食を楽しみにしています。

リンリーン♪

続きを読む

Dear Honey and Linda 狩りを終えて、感謝の手紙。 

Dear Honey and Linda Mom

What I leaned from Deer Hunting in the woods is lots more than eating wild life for me. It was the best woods experience in my life. I can not express how much I appreciate this precious camping.

Thank you for taking care of me.
Thank you for keeping me stay worm in the woods.
Thank you for cooking and feeding me.
Thank you for your shooting, carrying, harvesting heavy meat and buchuring in the cold shop all day.
Thank you for your singing with beautiful voice, good humour.
Thank you for your telling me the most beautiful old farming stories.

続きを読む

マクドナルド、食育サイトを立ち上げる 

スナック菓子のカルビー、ファーストフード大手日本マクドナルド、キッコーマン・雪印乳業・味の素・日本ケロッグ・江崎グリコ・モスフードサービス等、続々と大企業が食育戦略に乗り出している。もう皆さんもご存知のことだと思う。

その中の1つ、日本マクドナルドは7月13日から子供向けの食育サイト「食育の時間」を立ち上げ、5つの小中学校で、このサイトを活用した食育授業が既に行われている。マクドナルドでは、“Balanced, Active Lifestyle(バランスの取れた食生活と運動によるアクティブなライフスタイル)”を世界的に推進中。国内では「見えないメニュー、はじまる」をスローガンに掲げた社会貢献の一環だ。

続きを読む