広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2005年10月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国・学校給食の現状 =父兄の意見= 

「米国的給食・・・父兄から文句など出ないのでしょうか?」というアンニョン姫さんからの質問に対し、小学校の子供を持つ父兄6名にアンケートをとってみました。

続きを読む

スポンサーサイト

Pocahontasに見る、ネイティブ・アメリカンの姿 

私の部族のみるところ、この土の一粒一粒に霊が宿っています。
丘、谷、平原、木立のどれもが、過ぎ去った遠い過去の悲喜こもごもの出来事によって神格化されてきました。
焼け付く日差しを浴びて、静かな岸辺に並ぶ岩ヽは、ものが言えずに死んでいるように見えるでしょうか、それでさえ、我々の生活にまつわる波乱に富んんだ、出来事を思い出し、心を震わせているのです。
今貴方が立っているその垢っぽい地面だって、貴方達の歩みより、我々に親しみ深く答えてくれています。
何故なら、この大地には古くから祖先たちの血がたっぷり染み込んでいるのですから。
我々の裸足は、大地の優しさを肌さわりをちゃんと知っているのです。

(1854年)シアトル酋長(ドゥアミッシュ族)

続きを読む

ハロウィン・シーズ、ジャコランタンの中身は? 

朝10時半までに、スーパーでハンティング(鹿狩り)とハロウィンの買い物を済ませた。途中寄ったヘルスストアで、リンダママがココナッツのハンドクラフト小皿をプレゼントしてくれた。いつも私はSea Saltを使うのだが、小さなデミカップを容器として使っていた。そんな私を見かねて、わざわざ贈ってくれたのだ。小さな心遣いがとっても嬉しかった。

夕方までずーっと料理・料理・料理三昧の一日だった。来週火曜日からのキャンプの食糧準備だ。

▼約2週間分、3人のメインとなるパンを5本焼く。"Germ Grein"を使った全粒粉のパン。主に朝食用になるパンは、バトキン家に頂いたチェリーソースとピーナツバターを混ぜる。勿論、米も持っていくのだが、ランチにおむすぎを作ったら、ハニーは食べてくれないだろうな。ここは本国にあわせてサンドイッチになる予定。サンドイッチは、心も満たすような特別なものでなければならない。

パン生地が固くなって、失敗しかけた生地で、ピーカンナッツとマラセス(黒砂糖のシロップ)を使ってシナモンロールを焼く。
ピーカンナッツのシナモンロール

色づけ程度のマラセスで、全く甘くなかったが、ピーカンナッツが香ばしい。

続きを読む

米国・学校給食の現状 =肥満大国の未来を背負うその現状= 

給食会場となるカフェテリアは、体育館を兼ねている。
体育館にベンチと机が置かれ、子供達は食券を持って購買に並ぶ。生徒の半数はA4大のランチボックス持参。

モルガンは、給食の献立表を見て、週に1度だけ、”学校給食をオーダーしてもよい日”を設けている。

モルガンの給食風景

続きを読む

ハロウィン・クッキー作り @McNail Canyon小学校 

ドアを開けたら

ドアを開けたら・・・

続きを読む

Happy Birthday Jennifer! 

Happy Birthday Jennifer


今日はラインハート家の三女、ジェニファー32歳の誕生日☆

続きを読む

クリスタル・ホワイト 

Christal White


△Christal White

透き通るような深い水色の空。スピットを見晴らす高台にて、地面にキラキラ光る雪の結晶を見つけました。アラスカン・ネイティブが雪を現す言葉、実に50種類以上もあるそうです。”クリスタル・ホワイト”宝石の名前にはたくさんありますが、本物はこんな感じです。

続きを読む

ある日の保育園 

名前のアルファベットに色塗り


マヤの保育園に半日ボランティアに行く。Serendipity Preschool、家から車で6分ほどの所だ。8時半から9時までの間に6人の子供が集まった。最年少2歳10ヶ月のマヤから4歳まで、幼稚園入学前の子供
に、アルファベットや読書、お絵描き、歌などを教える保育園だ。学校は週3回の半日のみなので、”託児”としての機能は薄い。保育士のボビーと、その日のボランティア当番の園児の父母、合計2名で面倒を見る。
スノースーツに、スノージャケット、帽子、手袋、スノーブーツ・・・アラスカ児の完璧な防寒具に私は圧倒されている。「これから半年が雪だから使い甲斐があるわよ。」とボビー。東の丘に住むママが、昨日の雪が60cm、出てくるのが大変だった、と言っていた。同じホーマー市内でも標高差があるので気候はマチマチだ。

教室の入り口から、中までハロウィンの飾りで一色だ。

続きを読む

白い朝 

遅い夜明けを待った。まだ暗い窓辺が、しんしんと光る。
キジの足跡


待ちに待った白い朝がやってきた。
あまりの嬉しさに、スノーパンツに上着を羽織って、外の様子を窺う。白く凍りついた木々の中に一点だけ紅を残したラズベリー。泥だまりの道を長靴を履いて歩く。雪解けの音が、キラキラと流れている。近所のスパイダーハウスも雪をかぶった。ゆっくりと、ゆっくりと歩いたのだろう、真っ白な未踏の雪の上に、1匹のキジが姿を残している。

続きを読む

食育って英語で何ていうの? 

「食育」という言葉を、最近よく耳にします。子どもたちの食生活の乱れが問題になる中、政府は今年、「食育基本法」を施行しました。健康と食事について子供たちに正しい知識を持ってもらおうと、学校や自治体などで様々な試みが始まっています。ちょっと気になる記事です。

 食育は英語で、to teach children about the importance of healthy eating、またはto teach children about a healthy dietと表現できます。 食育基本法は、政府はまだ英語の定訳を用意していないとのことですが、the basic law on nutritional educationなどと訳せます。

続きを読む

みんなの足跡帳 

足跡帳を作りました。

 ・好きな言葉(言語問わず)
 ・好きな場所・都市
 ・ひとこと自己紹介

など、どれか1つでも、気軽に書いていって下さいね。私は、日本も世界もまだまだ知らない所ばかりなので、国内外、色々な方のお話が聞きたいです。47都道府県、6大陸がつながりますように♪

ドッキリ・カメラ 

ヒトも動物も”驚く”リアクションがたまりません。
しんけん(※注)笑えます。

▽Booo
http://www.zippyvideos.com/2044761661749276/booo/

続きを読む

The Exploler 

白波をたてて海は時化た。一日中強風に煽られ、一機もプロペラ機が飛んでいるのを見なかった。

ヘルスクラブ(ジム)に通っていた時、『EXPLOLER』という雑誌を読んだことがある。旅の足になるのは主にカヤックと自転車。ロッククライミングや登山、シュノーケリング、スキーなど、登れる所にはのぼり、潜れる所には潜り、渡らねばならぬ橋は渡る。バックパックにキャンプをしながら、という冒険旅行を主体とした雑誌だった。しかし私には、驚くような写真ばかりで、ちっとも現実的な気がしなかった。まさに雑誌の中に出てきそうな友人夫婦がいる。
スコット&スーザン夫妻に夕食の招待を受けた。

続きを読む

本当にあった怖い話 

あるところに5人の大学生がいました。

彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。だからそれまでには帰ってきてくださいね。」

・・・しかし

続きを読む

スワード 山岳マラソン 

Exit Glacier

△イグジット氷河

まぎれもなく雨。
海の向こうの山脈は、霧に姿を消した。
山頂から更に100mくらい、積雪ラインが下がってきている。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。