広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2005年05月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおいた食育コーディネーター第1回研修会 

胸の高鳴り。私が踏み出したかった第1歩に、また近づいた。私の夢が今、大きな形になりつつある。

大分県が主催する第一回食育コーディネーター研修会に参加する。
私を含め、本日は研修参加者11名と県関係機関担当者等約30名が午後1時から3時間半に渡る研修に出席した。今回一緒に研修に参加するのは、食育ネットの主格であり竹田市の栄養士である堀田貴子さん、そして私が推薦した中津市の仏蘭西料理教室オウグテの黒川貴美代先生、ごちそう紫陽花の尾崎真弓先生(本日欠席)など。

▼開会、参加者の自己紹介に続き、今回の研修の目玉である食環境ジャーナリストの金丸弘美先生の講演がある。

続きを読む

スポンサーサイト

「笑顔が一番」 S部長 

●「どうせ人にあげるものは一番にあげよう」
 お中元は7月1日。お歳暮12月1日。
 慶弔金も一番のり。
 たった5千円でも1番のりの価値は10万円。
 最後にあげた5千円の価値は2千円にしかならない。

●「どうせやるものはピン札でやる」
 実家の姉婿が亡くなったとき、1番に100万円を全てピン札で持っていきました。

●「両親よりも先に、祖父母孝行を!」
 正月には3万円のおせち料理を持っていく

●毎月給料をもらったら、
 妻の親父に5千円の焼酎を20年間届けた続けた。

●僕が入院したら、
 某会社のIT開発部長が桐の箱に入ったカステラを
 見舞いに贈ってきました。
 あまりにも申し訳なかったので、地酒をその日に贈り返したところなんです。

私を可愛がってくれたS部長が、いつもお茶を持っていく度に
色んな話を聞かせて下さいました。「まぁ、座りよ」と言って。

毎年ホタルの出る頃には、奥様と一緒に迎えて下さいました。
人を訪ねて行って、いつまでも心がぽかぽかと温かい。
こんなに大切にして下さる方はいらっしゃいませんでした。
人の世話なら、何を差し置いてもすぐにやる。

お笑いライブ・レポート「サンタシリーズ」 

皆様より、たくさんのライブの感想を頂き、ありがとうございました。
私よりも詳細にライブの説明をして下さった友人がいます。
あまりにもメールの内容が面白かったので、一緒に笑って下さい。

『お疲れさんタクロース』
とても素敵でラブリーな楽しくてイカした熱いカッチョイイLIVEでした。褒め言葉って沢山並べてもあんまり大した言葉にはならないね。へぇ~あぁいうLIVEやるんだ、するんだ、してたんだぁ。連れてった友達がサックスの3人が格好よかったって言ってた。

ハイジは、サックスだっけ?サックスってトランペットが溶けたようにグニャッとしたヤツだよね?ハハハ(苦)あんまり知らないんだよね。ちなみにサックスって聞いて、中学の時の彼女もサックスだったのを思い出した。その時にちゃんと見とけば良かった。そうそう歌もやってたね。ハモり?サブボーカル?うっすら聞こえてた。分かってねえなぁ(苦)え~っと後はあっ、ダンスだ、ダンス。アレグリアの人と手をこうしたり、あぁしたり・・・バカか俺は。ていうか、正直もっとロックぽいのをイメージしてたんだけど、スカパラみたいで聞きやすかった。

▽ちなみに連れていった友達は初めてのLIVEがハードロックで、奇声を発したり観客席の床をのたうち回ったりしたらしく、今回かなり心配してたけど来て良かったって言ってた。LIVEのイメージが変わったとも言ってた。しかも観客も雰囲気に飲まれ洗脳されて、上半身裸で踊りとは全く異なり、曲のテンポを無視した動きの人達が出始めたんだって。そりゃイメージ変わるわなぁ(笑)
陽子ちゃんもノリノリで「こんな娘だったっけ?」と思えたほど意外でした。

続きを読む

歌心 

ライブに来て下さった皆様、本当にありがとうございました(>▽<)
そしてJack Potのメンバーの皆様、お疲れ様でした!!

皆さんからの素敵な贈り物にビックリ。
ステージ衣装に栄えるネックレスやイヤリング、さすが克江さん(KEI)だぁ(T-T)こんな嬉しいプレゼントは、こんな嬉しい送別会は生まれて初めてです。感激の嵐!…ありがとう、ウルウルウル。


私の憧れだったお2人。
ケイ & ルーシーが、私のために歌って下さったこと。
大分でも、こんな心を揺さぶる歌が、こんな名曲が聴けるのです!
思い出します、5年前の初めてのステージ。
二人に囲まれて、出ない声を一生懸命出したっけ。
舞い上がってスゴイ踊りを披露し、皆の注目を浴びてしまいました(笑)

そしてこんな楽しい声や音や光を一緒に出してくれる、私の大好きな、音作りの仲間達。
SAX4本のハーモニー♪新たなサックスの強力なメンバーとアンサンブルができたこと。
愛する友人がたくさん聴きに来てくれたこと、最後のステージを一緒に楽しんでくれたこと。

続きを読む

星野の思い出、夏も近づく八十八夜 

あるGW連休の一日。
「小鳥と競争!サクランボを摘みにおいで~」という
日暮れ前、柳さんからのメールに、友人家族の子供を連れて、木登りしてきました。


そして翌日。
福岡県星野村に茶摘みに行き、二年連続日本一、というお茶の品評会で大賞を受賞した畑を訪れました。

続きを読む

JACK POT 卒業ライブのご案内 

緑うるはし 星降る村のお茶摘み、新芽の天麩羅パ~リパリ、
 ハイジの丘の山菜パーティー、小鳥と競争さくらんぼ狩り…。
爽やかな初夏の香りを、笑顔いっぱい、胸いっぱいに浴びています。
みんな、元気に遊んでいますか~?

  大人になったら自分の楽器を持とう。
   …小学生の頃からの夢でした。
  心を揺らすボーカルkeiの唄、
   初めて聴いたのは19の時でした。
  こんな楽しい声や音や光を一緒に出してくれる
  私の大好きな、音作りの仲間達。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。