広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2005年02月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユートピア千歳 

光と希望に満ちた朝です。
台所に入る朝の光のまぶしさも、春の香りの風も、
まだまだちょっと冷たい水も、おはようの挨拶も今朝は上出来。
いつもよりちょっと早起きをして、頂いた餅米と麹を混ぜてきました。
明日には美味しい甘酒がことづけられるかしら…。

昨日は、千歳の広瀬夫妻のお宅にお世話になりました。
お二人の愛を胸一杯に感じています。
こぼれる笑顔も鼻歌も、楽しいお喋りも、私を励まし、元気にしてくれました。
人が本来仕え合うものならば、きっと私にも、私にできる役割と使命があるはず。
私も何か一つでもみんなに役に立つことを、お二人にお返しできることを、身に付けていきたい。

陸、海、空、森、川、山、池、畑。
森を作る木々のように、花畑の花のように、
色んな色や香りの虫や鳥や動物たちが、
それぞれが他の誰とも違う、自分の色と個性で輝き、
いろんな色と香りと調和し、つながった時に、
そこは千歳の桃源郷として浮かび上がるのでしょうね。
万物の神への畏敬の念、先祖への感謝、様々な思いを、
どのくらいこれから感じていけるかしら。
今あるものに少し手を加えて、磨く、大事に使うことで、
その物や細胞の命は、あの梁や引き戸のように、
また命を吹き返し光を放ってくれるでしょう。

千歳は、とても感覚を豊かにしてくれます。

出会いは夢のはじまり。

今朝の私のように、お二人に触れ合うことで、
かけがえのない人の命に”希望”という花を咲かせたい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。